逃げ水 歌詞の意味は??


乃木坂46のnewシングル『逃げ水』

今回はその歌詞の意味について考えてみたいと思います。
スポンサードリンク






今回のシングルタイトルは『逃げ水』

夏のタイトルだけあっって
メロディーはすごく夏を感じました!!

でも、去年のこの時期にリリースされた『裸足でSummer 』とは全く違った
雰囲気で、明るい夏!!!というよりは
なんかこう神秘的な感じを漂わせた印象を受けました。


mvもなんとなく神秘的な雰囲気でしたよね!?


見てない人はぜひチェックしてくださいね!!!(絶対!!)



ところで、今回のシングルタイトルにもなっている『逃げ水』ですが
皆さんはその意味を知っていますか??

私は、正直あまり聞きなれない言葉なので
どういう意味なんだろ??と
思ってしまいました

そのタイトルの意味が分かると歌詞の意味もなんだか
『あぁ!』って感じで妙に納得しました。


『逃げ水』って??


まず『逃げ水』という言葉を調べてみるとこういうものでした


逃げ水:風がなく晴れた暑い日に、アスファルトの道路などで、
    遠くに水があるように見える現象のこと。
    別名地鏡とも言う。
    近づいてもその場所に水はなく、さらに遠くに見え、
    まるで水が逃げていくように見えることからこの名前がつけられている。
    
    蜃気楼の一種で、夏の風物詩の一つ。

    By wiki大先生



これですね!
逃げ水②.PNG




ああ!!これ見たことある!!!


みなさんも見たことありますよね!?
これが『逃げ水』らしいですよw

ここで、はじめてこの現象の名称を知りましたww



では、これを踏まえて歌詞の意味を考えてみましょう♪♪



あっ!その前に・・・
歌詞そのものを知りたい方はこちらの記事をチェックしてくださいね(^^)
乃木坂46『逃げ水』の歌詞


スポンサードリンク






逃げ水の歌詞の意味を考えてみる


はじめに・・・
あくまで私の個人的な見解ですのでご了承ください。


いきなり順番が前後してしまいますが
そのままの意味でとらえれば1番のサビ部分の歌詞はまさに『逃げ水』という現象を現した
歌詞になっていますね!


ちなみに
ミラージュはmirageと書き
和訳すると蜃気楼・逃げ水という意味だそうですよ。



さて、では
サビの前の歌詞もふまえて考えてみましょう!!



1番は『逃げ水』を『夢』に例えているのかなと思いました。

市営球場から聴こえてくるひと夏の熱狂というのは
野球を連想します。
夏の野球といえば甲子園!

甲子園といえば全国の野球球児の【夢】ではないでしょうか?

なのにそこを目指していたはずは
自分の声がまるで他人のように響き甲子園にでることはムリと思い
気づいたら自分は大人になって走らなくなっていた。


甲子園という【夢=水】を目指して歩いていたはずなのに
そこについてみると夢はどこかへ行ってしまった。

どこにいってしまったんだろう?


というのが1番の解釈なのかなと感じました。




2番は『逃げ水』を『恋』に例えているのかなと感じました。

よく言うじゃないですか!
恋って見えるけど見えないものって!(どや(・∀・))

そんな恋の様子を逃げ水という表現で表したのかなと思っています。



まあ、この歌詞を見て
どんなふうに思うのかは、もちろん人それぞれだと思いますが
なんか、、こう、、、深いですね。


スポンサードリンク



 カテゴリ